初心者でもわかる不動産投資の魅力|中古マンションで成功するコツ

メンズ

信頼関係が大切

オフィス

一括借り上げは不動産オーナーにとって大きなメリットがあります。一括借り上げは、不動産の管理を請け負う会社が不動産オーナーから物件を丸ごと借り上げて不動産会社の責任で物件を運用していくという契約方法です。つまり、不動産会社が空室になった場合の責任を持つということになります。そのため、物件に関する管理権限は、ほとんど不動産会社に渡すことになります。物件の日頃の修繕・運用から入居者と退去者への対応など、できるだけ入居者に支持されて空室が生まれないようにと質の高いサービスを提供するように努めてくれます。オーナーが一括借り上げで受け取ることになる金額は、物件を満室経営できたときと比較すると少ない額になりますが、空室が生まれても受け取る金額は変化しません。一定額が保証されているとなると、オーナーは今後の収支の計算をしやすくなります。物件をたくさん所持しようと考えているオーナーは、特にメリットを感じるのではないでしょうか。しかし、一括借り上げにも注意しなければいけない点があります。それは、一定期間ごとの借り上げ金額と物件の家賃の見直しです。物件が築後数年経過してくると、どんなに工夫を凝らした運営を行なっても入居者が決まりにくくなるのは仕方がありません。そのため、不動産会社とオーナーで話し合って一定期間ごとに家賃と借り上げ金の再調整を行なうのです。しかし再調整を行なうとほとんどの物件が家賃・借り上げ金ともに価格が下がります。この再調整の段階に入ると、オーナーと不動産会社の信頼関係が大切になってきます。そのため、最初に管理を依頼する不動産会社を決めるときには信頼関係を築けそうな会社を選ぶことが大切だといわれているのです。